PIX-IE: A Programable Internet eXchange In Edo

Cinque Terre

DIX-IE/NSPIXP プロジェクトは、Software Defined Networking (SDN) 技術を利用した新たなInternet eXchange (IX) の可能性を模索するべく、Programmable Internet eXchange in Edo (PIX-IE) のプレオペレーションを開始いたします。PIX-IEは、IXにOpenFlow技術を中心としたSDN技術を利用し、IXにおける新たな付加価値の提供を目指しています。

PIX-IEは、SDN技術の一種であるOpenFlowを利用した実装となっています(図1)。PIX-IEは、OpenFlowに対応したスイッチ群と独自に実装したIXコントローラから構成されます。OpenFlow を用いることで、トラフィックに対するきめ細かな制御が可能となります。IXのスイッチは、コントローラからの指示に従って制御されます。PIX-IEに接続しているAS運用者は、コントローラを介して自組織のトラフィックに対する制御機能を利用することが可能です。

 PIX-IEでは、以下の3機能を順次提供していきます。

Cinque Terre
図 1 PIX-IEの構成

 AS運用者によるコントローラを介したIXの設定変更・制御は、従来のIXにはなかった大きな特徴です。しかし、IXはAS間を接続するインターネットの要の一つであり、設定の間違い、ルールの矛盾はトラフィックに大きな影響を与えます。そのため、PIX-IEではこうした事態を避けるために、設定間の衝突チェック機構を有し、ルール適用前に影響を確認します。

 また、PIX-IEとDIX-IEは相互に接続しています。そのため、PIX-IE参加組織はレイヤ2 IXであるDIX-IEの参加組織ともピアリングが可能です。

プレオペレーション開始時点では、PIX-IEサービスをDIX-IE/NSPIXPの運用に参加している下記の接続拠点にて提供いたします。

PIX-IEのプレオペレーションに参加を希望される組織の方は、DIX-IE/NSPIXPプロジェクト(ixp-ops AT wide.ad.jp) までお問い合わせください。

PIX-IEは、技術検証に軸を置いた“プレオペレーション”として提供・運用されます。そのため商用IXサービスと以下の点が異なります。この点について十分なご理解をお願いいたします。